秘書人生、いつかは報われるさ!


by hovxjdgzwk
 北海道砂川市が市有地を無償で空知太(そらちぶと)神社に使わせていることは、政教分離を定めた憲法に違反するかどうかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁大法廷(裁判長・竹崎博允(ひろのぶ)長官)は20日、「憲法が禁じた宗教団体に公の財産を提供する行為」と述べ、市の土地提供を違憲と判断した。その上で「違憲性を解消する他の手段について審理が必要」と、1、2審判決を破棄し、審理を札幌高裁に差し戻した。

 政教分離訴訟で最高裁が違憲判断を示すのは、97年の愛媛玉ぐし料訴訟判決に続き2例目。大法廷判決は裁判官14人のうち8人の多数意見。元中学教諭でクリスチャンの谷内栄さん(79)らが菊谷勝利市長を相手取り建物を所有する町内会に施設撤去を求めないことの違法確認を求め、1、2審が違憲と判断し、請求を認めていた。

 政教分離訴訟を巡っては、津地鎮祭訴訟の最高裁判決(77年)が、憲法が禁じる国や地方自治体の宗教的活動について「目的が宗教的意義を持ち、効果が宗教に対する援助や圧迫などになる行為」と示し、この「目的・効果基準」に沿って司法判断がされてきた。これに対し大法廷は「宗教施設の性格、無償提供の経緯や態様、一般人の評価など諸般の事情を考慮して、社会通念に照らして総合判断すべきだ」との新たな基準を示した。

 その上で市の行為の違憲性を検討。鳥居や「神社」の表示、ほこらの存在など外形的事実から神社施設にほかならず、行われる祭事も宗教的行事と認定。「土地提供は宗教団体である氏子集団の宗教的活動を容易にし、一般人の目から見て特定の宗教に便宜供与し、援助していると評価される」と判断した。

 一方、違法確認を求めた原告の請求については「施設撤去以外にも有償・無償での譲渡や貸し付けなど、違憲性解消の適切な手段があり得る」と指摘。施設撤去は氏子集団の信教の自由に重大な不利益を及ぼすとも述べ、1、2審判決を破棄し審理を差し戻した。

 反対意見は2人。今井功裁判官は違憲判断した上で「市の上告を棄却すべきだ」と述べ、堀籠幸男裁判官は「施設は習俗的な意味合いが強い」と合憲との見方を示した。甲斐中辰夫裁判官ら4人は「施設の利用実態や経緯、氏子集団の実態などを総合的に認定しなければ憲法判断できない」と意見を述べた。

 一方、砂川市が富平神社の敷地を町内会に無償譲渡したことの是非が問われた訴訟でも判決が言い渡され、大法廷は「譲渡は違憲の恐れがある状態を解消するためだった」とし全員一致で合憲と判断。市民の上告を棄却し、原告敗訴の1、2審判決が確定した。【銭場裕司】

 【ことば】政教分離

 国や地方自治体が宗教的に中立であることを要求する憲法上の原則。国家と神道の密接な結びつきが戦争突入につながったと考えた連合国軍総司令部(GHQ)が、1945年に神道指令を出し、国家と神道が分離された。これを背景に、信教の自由を保障するため、日本国憲法に政治と宗教を分離する規定が盛り込まれた。20条は、宗教団体が国から特権を受けたり、政治上の権力を行使することのほか、国が宗教的活動をすることも禁止している。89条は宗教団体への公金支出を禁じている。

【関連ニュース】
<ニュースな言葉>「政教分離」とはどういう意味?
<質問なるほドリ>首相が伊勢神宮参拝するのは問題ない?
<こんな例も>裁判員制度「神父は辞退を」政教分離めぐり司教協議会が見解
<書評>『芸術崇拝の思想−−政教分離と…』=松宮秀治・著
<アメリカでは>オバマ米大統領が「宗教事務所」新設 「特定の宗派にこだわらぬ」

火災 桑田真澄さんの父が死亡 浜松で住宅全焼(毎日新聞)
自民党がどう変わろうと国民には関係ない(産経新聞)
妨害阻止、国際世論を喚起=農水相が異例のIWC出席へ−捕鯨問題(時事通信)
落語家の春風亭栄橋さん死去(時事通信)
大久保容疑者の「接待」報道 東京・向島は穴場なのか(J-CASTニュース)
[PR]
# by hovxjdgzwk | 2010-01-21 15:56
 陸山会を巡る政治資金規正法違反事件で、東京地裁は16日、同会の事務担当者だった石川知裕・衆院議員、同会の元会計責任者で小沢氏の公設第1秘書・大久保隆規被告(48)、石川容疑者の後任の事務担当者だった池田光智容疑者(32)の3人について、25日まで10日間の拘置を認める決定をした。

 通常国会は18日召集のため、石川容疑者は会期中も拘置されることになる。国会法では、議員20人以上の連名で、会期前に逮捕された議員について釈放要求の発議ができ、議決されれば拘置を続けることができなくなる。これまで適用例はないが、小沢氏が検察当局に対して対決姿勢を鮮明にする中、国会の対応が注目される。

 過去には、1992年1月、共和汚職事件で阿部文男・元北海道沖縄開発庁長官を通常国会開会の11日前に逮捕した際、検察当局が対応を検討したことがあったが、結局、発議はなかった。

 検察幹部は「これまで一度も適用されていないが、もし適用された場合は国民がどう反応するかに尽きる。我々はそうなっても法と証拠にのっとって起訴を目指すだけだ」と話す。

 一方、大久保被告は、西松建設の違法献金事件で公判中で、26日に被告人質問を控えており、特捜部は東京地裁に公判期日の延期を求めることを検討している。

 大久保被告は、陸山会の07年分の収支報告書に関する虚偽記入容疑で逮捕されたが、特捜部は04年分と05年分についても大久保被告が関与しているとみている。04、05年分については西松事件で既に起訴されているため、新たに立件する場合は、裁判所に、起訴事実の変更(訴因変更)を申し立てることになる。

 その場合、裁判所は被告側の請求があれば、公判を一時停止しなければならず、今春にも言い渡されるとみられていた判決が延びる可能性が出てきた。

災害援護資金、自己破産の連帯保証人を免責 神戸地裁支部判決(産経新聞)
日米安保 米国人女性がドキュメンタリー映画を製作(毎日新聞)
「40人学級」見直しへ=小中の標準引き下げ議論−文科省(時事通信)
<雅子さま>「1・17」震災追悼式典に出席へ(毎日新聞)
<診療報酬不正受給>山本病院理事長に懲役2年6月の判決(毎日新聞)
[PR]
# by hovxjdgzwk | 2010-01-20 22:20
 大阪市の国道で自転車に乗った女性をひき死亡させ、逃走したとして、大阪府警交通捜査課と淀川署は11日、自動車運転過失致死と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、住所不定、無職佐藤英二容疑者(41)を逮捕した。
 同署によると、容疑を認め、「覚せい剤を打っていたため怖くなった」と話しているという。
 逮捕容疑は8日午後8時45分ごろ、同市淀川区新北野の国道を軽乗用車で走行中、自転車に乗っていた同区塚本の主婦片岡純子さん(44)をはねて死亡させ、逃走した疑い。 

遺体を発見=行方不明の元社長か−栃木の廃校跡井戸で・鹿児島県警など(時事通信)
基地検討委で県外視察も=「沖縄県民の思い感じた」−官房長官(時事通信)
「陸山会」土地疑惑で小沢氏元秘書の石川議員を再聴取(産経新聞)
<臓器提供>親族への優先、厚労省が運用指針改正(毎日新聞)
<臓器提供>親族への優先、厚労省が運用指針改正(毎日新聞)
[PR]
# by hovxjdgzwk | 2010-01-19 10:52