秘書人生、いつかは報われるさ!


by hovxjdgzwk

地元産和牛の脂を活用したせっけん 佐賀市の精肉店(産経新聞)

 佐賀市の精肉店が地元産和牛の脂を活用したせっけんを考案した。商品名は「さらり」。肌荒れに効果てきめんだという。1個80グラムで2100円。

 脂は成牛1頭から約15キロしかとれない部位。乾燥肌に悩んでいた店主の福岡勤さん(56)が肉を触っている手の皮膚は荒れないことにヒントを得た。

 水を加えずに圧縮して形を整えているため、溶けにくく、1個で約1カ月間使用できる。福岡さんは「高級和牛があなたのお肌を包みます」とアピール。

【関連:「肉」の話題】
増殖中…リアル肉食女子「ホルモンヌ」
NYサーロインステーキ シンプルかつ豪快に食べる!
ハンバーグ専門店拡大 節約志向を背景に
ひめわた、小髭も…日本の食文化クジラ肉を販売 阪神百
「友愛の味」コッテリ 室蘭焼き鳥、政権交代で脚光 

がんの悩み共有 「がん患者・家族会」13日発足(産経新聞)
国民に夢や感動を=五輪を控え平野官房長官(時事通信)
<新型インフル>12日から輸入ワクチン出荷 安全調査開始(毎日新聞)
医療援助隊、13日で活動終結=ハイチ大地震(時事通信)
防衛力有識者懇 座長に京阪電鉄CEOの佐藤茂雄氏(毎日新聞)
[PR]
by hovxjdgzwk | 2010-02-19 12:59