秘書人生、いつかは報われるさ!


by hovxjdgzwk

荒井戦略相、漫画「秘書が購入」支出実態に矛盾(読売新聞)

 荒井聰国家戦略相(64)の政治団体「荒井さとし政治活動後援会」(解散)が東京都内の知人宅を「主たる事務所」として届け、6年間で約4200万円の事務所経費を計上していた問題は、民主党が「違法性はない」として公開した領収書に、私的なものとみられる支出が含まれていたことが発覚するなど、荒井氏や同党の説明の信用性が薄れてきている。

 ◆変遷◆

 民主党が10日に公開した同後援会の領収書には、支出に漫画や下着など、事務所の維持に関係がないと思われるものが含まれていた。これについて、荒井氏は同日夜、「秘書が夜中まで働いても超過手当を払っていない中で、少し余裕を持ってもらう(ことも必要)」と説明した。

 だが、荒井氏は11日午前の閣議後会見で、その説明を撤回した。領収書で確認できた、女性向けを中心とする漫画の本や雑誌は計60冊にのぼり、金額は計約2万8000円。荒井氏は女性の政策秘書に事情を聞いた結果として、「多忙を極める秘書が息抜きのため自費で漫画を購入し、そのレシートが混入していたことが分かった」と釈明し、「秘書は大変悔やんでいる」などと述べた。

 ◆矛盾◆

 民主党は同後援会に加え、川端達夫文部科学相(65)、蓮舫行政刷新相(42)の両政治団体の領収書も公開した。この二つの団体は、領収書のあて名が政治団体名などになっているものがほとんどだったが、同後援会の領収書は、大半があて名のないものや「上」と書かれていた。

 10日に記者会見した民主党の細野豪志幹事長代理は、「領収書を見てもらえれば、支出に実態があったことが確認できる」と述べ、「架空、違法な支出はない」と断言した。

 しかし、荒井氏が、漫画は秘書が自費で購入していたことを認めたことで、説明に矛盾が生じている。

 同後援会は、05年からの4年間で、荒井氏が代表の政党支部から計約270万円の寄付を受けていた。政党支部には党本部から、税金が原資の政党交付金が入っているが、公開された領収書の中身には、ほかに、下着代やファストフードの飲食代、小説なども含まれていた。

口蹄疫 宮崎、日向も感染疑い 都城の牛3頭は「陽性」(産経新聞)
生まれ故郷で笑顔、菅首相が山口・宇部を訪問(読売新聞)
「ロックな感じで頑張れ」蓮舫氏入閣、内田裕也さんが歓迎(産経新聞)
<神経回路>再生、妨げる仕組み解明(毎日新聞)
10年後に基礎的収支黒字化=分野別目標示せず―財政健全化計画(時事通信)
[PR]
by hovxjdgzwk | 2010-06-15 17:48